板倉町の名物料理

「群馬の水郷」と呼ばれる板倉町は、利根川、渡良瀬川、谷田川の合流地点であることから、大小多くの川や沼に囲まれ、大自然の豊かな恵みを生み出している。旨さ抜群の郷土料理は、この地で捕れた新鮮な良材が醸し出す味の名産品。

うなぎの蒲焼

うなぎの蒲焼

滋味をたすため白焼きにしてから蒸しをかける関東風の蒲焼は味の逸品。 水に恵まれている本町では古くから親しまれている料理です。
町で食すうなぎの蒲焼きは、よそのものよりも美味しく感じられるから不思議。


なまずの天婦羅

なまずの天婦羅

イキのいい、やわらかな白身をカラッと揚げた名物料理。小骨もなく、さっぱりとした味わいで、板倉の思い出に是非一度は食べてほしい、郷土料理の逸品です。


ふな、こい料理

ふな、こい料理

淡水の魚は、料理法を工夫すると、たいへん素晴らしい素材になります。その代表的な例が甘露煮。ふな、こい料理の中では最もポピュラーと言われています。そのほかにもあらい、たたき、天ぷら、こいこくなど、調理方法も多種多様です。川魚の絶好の漁場、板倉の「味」といえるでしょう。


加工品

新鮮な野菜とお米

コシヒカリ味噌:板倉産コシヒカリと大豆で天然醸造。
カボチャまんじゆう:一番人気のヘルシーまんじゆう。
漬物:さっぱり味の大根甘酢漬。キュウリのこうし漬。天塩、赤じそで漬け込んだ梅干し。らっきよう甘酢漬けなど


このページのトップへ